忍者ブログ
札幌のカワサキ専門店、ノースステーションのブログです。 ニューモデル・修理やカスタム・イベントなどなど、いろいろ情報を載せていきます♪
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/14 ぼす@]
[09/13 Lime]
[05/13 Lime]
[12/01 Lime]
[05/28 和佐]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
northstation
性別:
男性
自己紹介:
札幌のカワサキ専門店です。
ツーリングやイベント大好きです。
オートバイに楽しく乗れるお手伝いができるように日々頑張っております。
カワサキのことなら何でもお気軽にお尋ねください♪
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
22日(火)までと短い期間ではありますが、ZX-14Rの試乗車あります。
店頭にて試乗の受付いたしますので、気になる方はどうぞ。
尚、20日のツーリングには乗っていきますので、道中試乗もできますよ♪

既に乗ってニヤニヤしている人もいるのでお気軽にお問い合わせください。
PR
14RのABS仕様が黒・緑共に完売になりました。
もはや?といったところですが、完売です。

ABS無しはまだ入荷がありますが、あと2回入荷で今年モデルが完売になる流れかと思います。
ABSが完売したので、ABS無しに流れてくることも考えられるので、一気に完売してしまう可能性もあります。

今年乗りたい方はお早めにご検討下さい♪
14RにETCを付けている最中のこと・・・。

左のカウルを外そうとはねを外したところ・・・

あれ?クーラントのリザーブタンクにホースがついていない???
カウルも外すので、見てみることに。
1203091.gif
 
このタンクには、ラジエターとつながるホースと、オーバーフローホースの2本がついているのが通常ですが、ここの明らかにホースがささるであろう場所になにもない。

えっ?と思ってよーく見てみると・・・
 
1203092.gif
 
めくらになってふさがれています。


だーまーさーれーたー。
ちゃんちゃん♪
左のはねを外してちょっと注意して見ると気がつく場所ですが、これで普通なので、ご安心ください♪
じゃん
120225.gif
 
本日1号車きました。かっちょいいです♪
ご成約車両なので、ご覧いただくのみになりますが、新色の緑をご覧いただけますよ。
本日より来年4/30までの開催です。

36回まで2.9%、60回まで3.9%、84回まで4.9%です。

大注目の14Rなので使わない手はありません。

詳細はお尋ねください。
ブライトのHPにも載っかりました♪

色々羅列されていますが、かいつまんでみると…。

ストローク4mm増やして1441ccへ
コンロッドを3mm長くして小端部の外径を1mm拡大。クランクシャフトのメインジャーナルを2mm拡大してハイパワー化に対応。
従来モデルよりも、4000rpmからのパワー特性が大幅に向上。
9.5kgf・mのトルクを2000rpmで発生。
燃焼室を鋳造から切削になり圧縮比も12.0:1から12.3:1に。
吸気ポートは形状変更&ポリッシュ仕上げになり、排気ポートは直径を拡大。

↑10Rなどのように、キレイな表面仕上げになっているのでしょうか。現物見たいです。

シリンダーの#1&#2と#3&#4にバイパス穴を開けてポンピングロスの低減化。
オイルジェットを新設して、ピストン背面を効率的に冷却。

↑これは外部配管式だそうです。見慣れないオイルパイプがくっついているんでしょう。

エアクリーナーを大きく厚くして、有効面積10%アップして空気の通路抵抗を約60%向上。
エキパイもテーパーパイプに変更され、集合ぶ形状も変わっています。
純正でコニカルヘッダーですか♪

バックトルクリミッターも搭載。
ロングスイングアーム化にも伴い有ると嬉しい装備ですね。

ラジエターのファンをデュアル化して冷却性能向上しています。
センターカウル周辺の形状を変更して、ライダーに熱風が当たりにくいようにして快適性を向上しています。


フレームも同じように見えて、半分以上が変更されています。
ステアリングヘッド周辺・スイングアームピボット周辺の剛性を向上。バッテリーのバックプレートもプラスティックからアルミ製ひ変更。
スイングアームにもガゼットを追加して強度向上。
スイングアームを10mm延長してロングスイングアーム化しています。
サスセッティングも変更。スプリングは硬めになっていますが、ストローク初期から減衰が発揮されるようになっているので、乗り心地は向上しています。

ホイールもY字型になり、前後で約1.4kg軽くなっています。

気になるABSは、仕向け地により使用が異なるそうです。
ZX-10Rのものとは違うのかな?って感じです。これはもうちょい調べたいと思います。

3モードのKTRC
ZX-10Rのものとはちょっと違っていて、モード1とモード2は最大限の加速を最優先するモードらしいです。
最大限の加速を維持するために有る程度のスリップを許容しています。
許容を超えるスリップが起きた場合には最小限のパワー制御が入ります。
これはイグニションによるものです。(点火カット??)

モード3では過度なスリップが起きた場合には、イグニション制御だけでなく、燃料供給量・サブスロットルバルブ制御が入り3ウエイ制御になります。

モード1&2では最大限のトラクションを維持している状態であれば、ウイリーも許容しています。
モード3ではウイリーしないように制御されるみたいです。

パワーモードもフルパワーモードとローパワーモードの2種類を選択できます。
ローパワーモードだと、フルパワーモード時の75%にパワーが抑えられてレスポンスもマイルドいなります。
ローパワー&KTRCのモード3にすると、雨の日の街乗りでもマンホールや白線で怖い思いをすることも無くなる…かもしれません♪

テキストだらけでしたがこんな感じでしょうか?
気になる馬力やその他詳細など、お問い合わせいただければと思います。

注文殺到すると思いますので、今のうちに注文入れないと来年乗れないかも?なんていうことも考えられます。決して大げさな話ではないので、ご検討の方はお気軽にどうぞ。



発表になりました。

ABS無しモデル→1,566,000円

ABS付きモデル→1,632,000円

※いずれも税込です。

カラーはどちらも同じでググリーンが、ゴールデンブレイズドグリーンでブラックがメタリックスパークブラックとなります。
ブラックは、2004モデルのZX-10Rと同じ色ですが、グリーンは新色です♪
キャンディライムグリーンよりもラメラメな感じなんでしょうか??

価格は思ったよりも高くない印象です。160万超えてくるのかな??なんて思ったりもしていたので、ちょっとほっとしました。

ABS無しが1月中旬発売予定でABS付きが2月中旬発売予定になっております。
最初は注文が殺到すると思われるので、早目に動いた方が良さそうです。

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
レスポンスにも記事が載っかってました。

こちら

ZZRの名前は消えてしまうのかと思いきや、ヨーロッパ仕様では名前が残るようです。
3モードのトラクションコントロールを採用なんてことも書いてあります。

フルパワーで200馬力なんて出てきているので、アジア仕様ではどうなるでしょうか?
あとは価格ですね。
一日遅れましたが、昨日はWitness The Phenomenonな日でした。

既に御覧になっている方も多いかと思いますが、特設サイトが出来ておりました。

こちら。

チラ見せだったものがようやく全体が見れるようになりました♪
14r1.gif
 
イメージを残しつつデザインが変わっています。
 
14r2.gif
 
黒もカッコイイです。
14r3.gif
 
サイレンサーは最近流行りの形。五角形なものですね。
 
 
14r4.gif
 
ヘッドライトも2つ目の中に4つ目を納めているようなかたち。

14r5.gif
 
メーター周りもかなり変わりました。
やっぱり針が2本あるメーターが見慣れていて、いいんですかね??

で、分かっている範囲のスペックですがかいつまんでみましょう。

ボア・ストローク 84.0×65.0mm (84.0×61.0mm)
排気量      1,441cc      (1,352cc)
圧縮比      12.3:1       (12.0:1)
ホイールベース 58.3ln(≒1480.82mm) (1,460mm)
全長        85.4in(≒2169.16mm) (2170mm)
全幅        30.3in(≒769.62mm)   (760mm)
全高        46.1in(≒1170.94mm)  (1170mm)
シート高     31.5in(≒800.1mm)     (800mm)
装備重量     584.3lb(≒264.98kg)   (261kg)

※後のカッコ内はZZR1400のものです。 インチとか書いてあるので北米仕様のものなんでしょうか?
4mmロングストロークになって排気量アップですね。これでホントの1400ccです。
圧縮比も更に上がってます。馬力は出ていないですが、そのうちわかるでしょう。200馬力の大台に乗るでしょうか??

ホイールベースが20mm位長くなってますね。全長は変わらないということは更にロングスイングアーム化が図られているということでしょう。

装備重量は重くなっていますが、排ガス・騒音対策の意味合いが大きいのかな?と思っています。
09モデルで装備重量と乾燥重量の差が37kgなんで新型の乾燥重量は228kgかな?と思います。
やっぱり乾燥重量ベースの方がピンときますよね?(笑)

あと、こんな記事もあります。
ポート形状が変わったとか、カムプロファイルが変わったとか、オイルジェットを新設してピストン下部の潤滑を強化したとか、クランクのメインジャーナルを2mm厚くしたとか、エアクリーナーの面積を大きくしたとか、改良点が書き連なっています。

気になるのは、KTRC(トラクションコントロール)も付いているようです。3段階の切り替えができて…なんてありますが、10Rのと同じものなのかは不明です。

かなりベールを脱いでくれたようでホッとしましたね。
これでZZR1400にするか、新型狙いで行くか決められるのではないでしょうか?
今年のオフシーズンもアツくなりそうです。

詳細はお気軽にお尋ねください。
分かる範囲でお答えしたいと思います。
 
海の向こうのサイトにこんなモノが…。

http://www.cycleworld.com/video/video_articles/2011/kawasaki_sportbike_mystery_-_video

東京タワーのふもとと思われるなんでもないところをレーサーのようなけたたましい音が通り過ぎていく動画。
最後に2011年10月10日と書かれ、Witness The Phenomenonとテロップが流れていきます。

この事象を目撃せよ!みたいな意味でしょうか?

なんか、2010年モデルのZX-10Rが出る前のInside The Next Ninjaみたいな思わせぶりな動画ですねー。

記事に書いてある内容は…

このプロモーション用の動画でカワサキは何をupしたいのが分からないが、排気音を聞くとZX-RRみたいな直4の吠えるサウンドに聞こえる。なんて書いてます。
他は期待を煽るようなことをつらつらと書いてあるので略します。(東スポ的な感じ??笑)

日本語で情報が流れてくるのはいつになるかわかりませんが、海外の情報はなかなかアツいですね。
10/10に、また断片的ななにか( teaser)なものが出てくるのを期待しましょう♪
Copyright c ノースステーションな日々 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]