忍者ブログ
札幌のカワサキ専門店、ノースステーションのブログです。 ニューモデル・修理やカスタム・イベントなどなど、いろいろ情報を載せていきます♪
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/14 ぼす@]
[09/13 Lime]
[05/13 Lime]
[12/01 Lime]
[05/28 和佐]
最新TB
ブログ内検索
プロフィール
HN:
northstation
性別:
男性
自己紹介:
札幌のカワサキ専門店です。
ツーリングやイベント大好きです。
オートバイに楽しく乗れるお手伝いができるように日々頑張っております。
カワサキのことなら何でもお気軽にお尋ねください♪
バーコード
アクセス解析
カウンター
お天気情報
最近よく聞くセラコート。
様々な特徴がありますが代表的な所で、耐熱温度が高い・耐摩耗性、耐衝撃性が良い・塗膜が薄いなどなどです。
もっと知りたい方はグーグル先生にお伺いくださいませ。

缶スプレーで塗ってから数年、さすがに飛び石でだいぶはがれてきたフォークアウターを塗ってもらいます。



見えない部分をアウターチューブ同士でぶつけてみても、軽くへこむ痕はついてもはがれる様子はありません。

パウダーコートの光沢感も綺麗ですが、セラコートの梨地な感じも素敵です。
アウターチューブの底で受けるタイプのスタンドで傷つかないか?とか飛び石の影響をどれ位受けるのか?など楽しみです。

フォークシールにはこちらも最近話題のSKFのものを使ってみました。
フリクションロスが少ないというふれこみ通り、エア抜きするときにインナーチューブを持つと自重でフォークが伸びますし、伸縮させる時も動きがとてもスムーズです。
 
もう一つはマイクロスリックです。
これもセラコートの一種ですが、摩擦抵抗を減らす特徴があります。

これをかけたのが、



1000J系のクラッチプッシュロッドです。右が加工後、左が加工前です。
オイルシールの当たる部分が減って段付きしてしまいます。

ひっくり返せば当たりのついてない部分を使えるので、耐摩耗性が上がるのかお試しです。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c ノースステーションな日々 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]